PRPを応用した技術「PFC-FD療法」について

PRPを応用した
PFC-FD療法とは

PRPとは

PRPとは多血小板血漿(Platelet Rich Plasma)の略称であり、患者様の血液から血小板を濃縮した液体です。膝や肘などの運動器疾患の患部に注入することで炎症や痛みを和らげることが期待できます(PRP治療)。

海外では著名な治療法であり、野球選手で元ヤンキースの田中将大選手が右肘靱帯の部分断裂にPRP治療を実施し、エンゼルスの大谷翔平選手も右肘内側側副靱帯損傷の際にPRP治療を実施しています。

PRPに濃縮されている血小板には、もともと成長因子と呼ばれる傷の修復に効果を発揮する成分が含まれています。PRP治療は、この成長因子の働きに注目し、患者様自身の自己治癒力を高め、様々な関節や運動器の疾患・損傷における疼痛や症状の低減を期待する新しい治療です(*1)。

PRPの作製方法

PRPは患者様から採血を行い、その血液を遠心分離して血小板を濃縮することで作製できます。

あとは、注射器を使用してPRPを患部に注射することで施術は完了します。

PFC-FD療法とは

PFC-FD療法とは、PRP治療を応用した技術になります。

PFC-FD療法ではPRPを作製したのちに、PRP内の血小板から成長因子を取り出します。さらにそれを凍結乾燥(フリーズドライ=FD)することにより長期の保管を実現しているため、患者様の好きなタイミングで施術が可能です。

施術の際には生理食塩水で液体に戻し、疾患部位に注入することで施術は完了します。

PRPを応用した
PFC-FD療法の効果

持続的な消炎鎮痛効果

PFC-FD療法はPRPを応用した技術であることからPRPと近い効果が認められています。すなわち抗炎症作用や鎮痛作用といった効果です。

患者アンケートによって症状を100点満点で点数化するKOOSという評価方法で変形性膝関節症の306膝に対しPFC-FD療法の効果を測定した研究(*3)があります。

この研究では、変形性膝関節症による痛みがPFC-FD療法の実施から、平均で1ヶ月後には11.5ポイント、3ヶ月後には14.4ポイント、半年後には16ポイント改善したと報告されています。

上記にご紹介したように、痛みに対して効果を発揮し、加えてその効果の数ヶ月間の持続が期待できることも特徴です。

PRPを応用したPFC-FD療法が
向いている人とは

どんな疾患に用いられるか

PFC-FD療法の対象となる代表的な疾患には変形性膝関節症が挙げられます。先述した306膝の変形性膝関節症に対するPFC-FD療法の研究(*3)では、5~6割の方に効果が認められたとしています。

よって確実な効果が保証されるような治療ではありませんが、もし新しい選択肢を探している場合には当院へご相談ください。

また、変形性膝関節症のほか、スポーツ外傷(膝半月板損傷・靭帯損傷)などにも活用が始まっていますので、該当する疾患にお悩みの方は一度当院へご相談ください。

どのような患者様向けか

現在受けている治療では効果を実感できないが、手術は受けたくない

手術に進む前に他の治療を試してみたい

スポーツ外傷を負ったが手術は避けたい

といった方は検討されるとよいでしょう。

いきなり手術に踏み切れる方のほうが少ないはずです。PFC-FD療法は、なるべく手術は避けたい、という方の選択肢になりうる治療ですので、「なるべく手術はしたくない」という場合には、まずは一度当院へご相談ください。

PRP療法のリスク

効果に個人差

薬剤と違って個人の血液を活用する治療法のため、効果には個人差があります。先述したとおり、研究(*3)では効果があったとされる方は治療を実施した方のなかで5~6割となっています。

注射による痛み

一度採取した血液を加工して患部に注射器で戻しますので、注射による痛みは避けられません。

ですが、患者様ご自身の血液を用いるという性質上、拒否反応やアレルギーリスクなどの有害事象の発生確率は低いと考えられています。

PRICE

PFC-FD療法の費用

※基本的に初診は、院長の吉田博一が診療させていただきます。

まずはPFC-FD療法が適しているかどうか、疾患やその状況を診断して確認させていただきますので、ご興味をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

参考文献:
(*1)齋田良知. 外来の工夫No.17 PRP療法. Loco CURE 5(2):166-171,2019
(*2)二木 康夫. PRPの膝関節内注入療法. 臨床スポーツ医学. 2020年4月. 37巻4号. 478-481
(*3)大鶴 任彦 et al. 変形性膝関節症に対するBiologic healing専門クリニックの実際とエビデンス構築. -基礎と臨床 2020年9月号 特集:幹細胞・PRP・衝撃波−Biologic healingのエビデンス. 関節外科. 2020年9月. vol.39 No.9. 945-954